虫歯菌

虫歯菌が砂糖などを食べて出した酸(酸性・アルカリ性のね)が歯を溶かしていたんですね。

そうです、虫歯というのは歯が酸で溶ける現象のことなのです。

まず、敵(虫歯)を知ることで、敵への対処法を考えましょう。

それぞれの輪は危険度の大きさを表していて、その三つの輪の重なった個所が虫歯になるんです。

では、それぞれの輪についてご説明いたしましょう。

ただ単に虫歯菌といってもいろんな特徴の菌があります。
有名どころではストレプトコッカス・ミュータンスですね。
ここではストレプトコッカス・ミュータンス=虫歯菌と表現することにします。

ミュータンスを持たない

生まれたての子供には当然ながら歯がありません。歯がないとミュータンスもいません。親・兄弟・おじいちゃん・おばあちゃんなどからミュータンス菌をうつされるのです。
だいたい、口中の細菌相(どの菌がどのくらいの割合で存在するのか)は3~4歳で決まると言われています。

つまり、子供のためを想えば、どんなに可愛くても3~4歳までチュウしないことが大切です。
口移しで食事を与えるのもいけません。

ただし他の菌(菌の全てが悪者ではありません)までもシャットアウトすることが良いことかどうか悩むところです。移し与えるべき菌もいるわけですから。

歯磨きでミュータンス菌を減らす

歯磨き粉の中には殺菌力・歯質強化に有効な成分のものもありあます。
ただし、サッパリする感じがするので、『それほど磨けていないのに磨いた気になってしまう』ところに注意して下さい。

薬でミュータンス菌をやっつける

ミュータンス菌に有効なお薬(抗生物質など)を飲み続けるとどうなるのか?嬉しいことに、ミュータンス菌の数は確実に減って、虫歯になりにくくなるのです。海外のデータでははっきりとした有効性が確実なものもありあます。でも、現実的ではありません。実際にはフッ素の効果を利用するか(フッ素には歯質強化の役割と耐菌性の効果があります)せいぜいクロールヘキシジンの利用に留まっています。
たとえば、虫歯予防のため、一生ペニシリンを服用するなんてあまりに非現実的で考えられませんね。

デンタルクリーニングを受けるのは、歯周病の菌のはびこるのを阻止する最適な方策だと科学的にも証明され、なんとなく気持ちよいだけではないのです。
口の開け閉めで生じる筋肉の緊張をゆるめ、異常を起こした顎関節内の中を正しい値にするトレーニングを取り入れたり、顎関節の運動を支障なくする有効な運動をおこないます。
応用範囲の特に広い歯科で使うレーザーは、ラインナップも豊富で、これ以外にも様々な医療現場で導入されています。これからは一段と期待が高まるでしょう。
甘い菓子等をたくさん食べたり、歯ブラシでの歯みがきをなまけると、歯周病を引き起こす菌が増え、プラークが蔓延してしまい、ついに歯肉炎が発生してしまうといわれています。
びっくりするかもしれませんが日本は歯の病気予防について残念なことに後進国と言われており、欧米人に比べても実は日本人の歯の使用期間は縮まっています。元来歯に限らず病気予防全般において姿勢が違うのだと思います。


自分に口臭があるかどうかを家族にさえきくことのできない人は大層多いと思われています。そんな時は、口臭予防外来へ出かけて専門の処置を試してみる事を提唱します。
口の開け閉めが原因の筋肉の緊張を減らし、ひずんでしまった顎関節内部を正しい値にするリハビリを行ったり、顎関節の動きをより円滑にするエクササイズを行いましょう。
歯のレーザー処理はムシ歯菌をレーザーによって消滅させてしまい、それ以外にも歯の外側の硬度を補強し、痛い虫歯になる可能性を低くする事ができるようになります。
口の臭いを放置するのは、周辺の人への負担はもちろんの事、自分の心の健康にとっても深刻な影響を及ぼすかもしれないのです。
ドライマウスの中心的な病状は、口の中がカラカラに乾く、喉が渇く等がほとんどを占めます。重度の場面では痛み等の不快な症状が現れることもあるそうです。


初期の段階では歯周病を起こす原因菌が歯の表面に密着し、それが理由で歯肉が炎症を起こして赤くなって傷んだり、歯みがきするといつも血が出るような状況になるのが歯肉炎といわれる病気です。
気になる口臭を抑える効能がある飲みものとしてコーヒーの名前があげられますが、あまり飲み過ぎると口のなかが乾燥してしまい、かえって口の臭いの原因になる可能性があります。
歯周組織の復活のために、エムドゲイン治療の実行は極めて威力のある治し方なのですが、残念ながら、確実に再生の作用を手に入れられる訳ではないのです。
キシリトールはむし歯を阻む役目があるとの研究結果が公表され、それ以後日本をはじめとする世界中の色んな国でアグレッシブに研究されました。
デンタルホワイトニングを受けないとしても、歯の割れ目をそのまま放っておくと、象牙質が壊れ、冷たい外気や熱い料理が当たるだけで痛みが走ることがままあります。

ここへ来て歯周病になる元凶を取り去る事や、原因となる菌に感染した病巣を掃除することで、新しい組織の再生ができる治療のテクニックが確立しました。
上の親知らずは下と比較して、麻酔の効能が有用なため、歯を抜く時にも激痛を伴うといった事例が少なく、痛みに敏感な方においても、手術は難なくできるのです。
口の開け閉めが起こす筋肉の緊張を和らげ、ひずんでしまった顎関節内部を正しい値に治す動きを取り入れたり、顎関節が動くのを良くする医学的な動作を実践してみましょう。
とある研究においては、顎の関節に違和感を感じるという自覚症状に気づかない人でも、3~4割もの人が口を動かしたりする時に、こういった感じの奇怪な音が鳴るのを気にしていたようです。
インプラントによるアドバンテージは、入れ歯をすることによって引き起こされる短所を補足することや、本来の自分の歯に近づけるように出来てしまうことや、インプラントを実施した歯以外の歯を守ることが代表例です。

レーザーによる歯の処置は、ムシ歯を起こす菌をレーザーの照射で殺菌させ、他にも歯表面の硬さを補強させ、不愉快なむし歯になりにくい状態ができます。
嫌なプラークが溜まらないように、毎日歯石の予防をしっかりとおこなうのが、特に肝心なポイントです。歯垢の付着しやすい所は、きちんと歯みがきする事が一層重要になります。
まず、歯みがき粉を使用しないでしっかりみがく方法を実践できるようになってから、仕上げする際にごく少量の歯磨き用の洗浄剤を使うとなおよいでしょう。
例えばつぎ歯が色褪せる要因に推測されるのは、さし歯自体の色が褪色してしまう、差し歯の周囲の歯が色褪せてきたという2つの事象があるのだそうです。
これは顎を使うと、耳の近くにある顎関節にカクカクと異音が聞こえるもので、顎関節症の特徴としては大変頻繁に発生しており、一際なり始めの頃に頻繁に出現する特徴です。

口腔内の乾き、歯周病に加えて、入れ歯の使用で生じる口臭など、加齢と口臭の関連性には、とても無数の関係が含まれるようです。
在宅医療で歯科衛生士が期待されるのは、最初に患者の口の中を清潔にすることです。口腔内が汚いままだと、菌が繁殖した不衛生なカスを飲み込む危険性があります。
口の臭いの存在を一緒に暮らす家族にさえ尋ねることのできない人は、大変多いはずです。そういう人は、口臭の外来へ出かけて口臭専門の治療を試してみる事をオススメします。
大きくなった歯と歯ぐきのすき間(歯周ポケット)には、汚れたプラークが入り込みやすく、そこで溜まった場面では、毎日の歯みがきだけしたのでは、すべて完全には除去できません。
いまや医療技術の開発が成長し、なんと針のない無針注射器シリジェットや痛みの少ない各種レーザー治療器を用いる事により、痛みを大分軽減する事のできる「無痛治療」という手法があるのです。